PERMA(パーマ)とは?幸せになるための5つの要素

幸せになる方法は人によって違いますが、共通する要素は科学的に明らかになっています。今回は、幸せになるための要素「PERMA(パーマ)」についてご紹介します。

質問

幸せになる方法って人によって違うよね?趣味嗜好、感じ方や好きなことは人によって違うのが当たり前だし…

ニシノ

たしかに、人によって幸福の形は様々です。しかし、人間という部分では皆共通しているので、科学的に幸せになるための”要素”は解明されていますよ!PERMA(パーマ)と呼ばれています。

ポジティブ心理学の幸せを構成する5つの要素「PERMA」の意味とは

男の子

幸せになるためには日々の生活の中で以下の5つの要素を満たすように心掛ける必要があるよ。

PERMA(パーマ)はマーティン・セリグマン氏が提唱したポジティブ心理学において、幸せになるための5つの要素のことです。それぞれ以下の頭文字を取っています。

ポジティブ感情(positive)

文字通り、前向きな明るい感情のことです。

心理学者のバーバラ・フレドリクソンは、代表的なポジティブ感情として以下の10種類を取り上げています。

  1. 喜び…思わず笑顔になるような感情
  2. 感謝…与えられた何かについてその価値を認めたときに湧く感情
  3. 安らぎ…今の心地よさをじっくり味わっている感情。
  4. 興味…新しい物事に関心を抱き、心を突き動かされる感情。
  5. 希望…絶望的状況の中で、可能性を信じる感情。
  6. 誇り…自分の能力と努力を信じて何か上手くできた時の感情。
  7. 愉快…心から面白いと思った時に湧いてくる感情。
  8. 鼓舞…奮い立つような感情が湧いて心が熱くなっている感情。
  9. 畏敬…鼓舞よりも、スケールの大きい素晴らしさに出会った時に感じる感情。
  10. 愛 …相手への興味から始まり、様々な喜びをもたらしてくれます。

これらの感情が日々の生活の中で感じられると幸福感が上がります。

熱中(engagement)

時が立つのを忘れるほど何かに熱中している状態をフローと呼び、幸せに深く関係していることが明らかになっています。

”フロー”について詳細は下から。

人間関係(relationship)

人は誰かと結びつきを感じた時に幸福を感じます。一人でいる時の方が安心するという人もいますが、あくまで短期的なものです。長期的な目で見ると、必ず誰もが人との結びつきを求めます。

意義(meaning)

人はなんの意味も感じられないことをやっていると大きなストレスを感じます。

文豪ドストエフスキーは、意義の感じられない活動を下のように表現しました。

【究極の拷問】

シベリアに流刑された男は、半日かけて穴を掘り、半日かけてその穴を埋めるという強制労働をひたすらやらされた。

朝、自分で掘った穴を、午後、自分で埋めている。そんなふうになったら、誰だって生きる意味が見出せなくなる。

何の意味もない単純作業を延々とやらされると、やがて人は精神に異常をきたし発狂する。

出典:ドストエフスキー著作『死の家の記録』

しかし、人間は不思議なもので、どれほど大変で苦労しても、それを上回るだけの意義や意味を感じることができれば逆に幸せすら感じることができます。

達成感(achievement)

仕事でも趣味でも、目標達成のためにやり遂げた時、大きな達成感を感じ、幸福に感じます。さらにやり遂げたことが自信になり、新たなことに挑戦する勇気が湧いてきます。

合わせてV(Vitality)も重要

最近では、上の5つの要素に加えて、バイタリティのVも加えた方が良いのではないか、という議論があります。

バイタリティとは、生命力や活力、活気のことです。

当たり前のことですが、身体が健康な時の方が上の5つの要素を感じやすくなるためです。活力を沸かせるためには、

  • 良質な睡眠
  • 健康的な食事
  • 適切な運動

が必要です。これらに取り組むことで幸福度を上げることができます。

幸福度を上げるPERMAの具体的な質問

以下の質問に答えると、人生の幸福度が上がります。
  1. 前向きな感情(positive)…どんな時にポジテイブな感情が沸きますか?
  2. 熱中(engagement)…熱中していることはありますか?どんな時に時間を忘れるくらい夢中になりますか?
  3. 人間関係(relationship)…誰といるときにほっとしますか?楽しいですか?大切にしたい人は誰ですか?
  4. 意義(meaning)…意義のある活動だと感じることはなんですか?やりがいを感じ時はどんな時ですか?
  5. 達成(achievement)…どんな時に達成感を感じますか?成し遂げたとして、誇りを感じるものは何ですか?

この5つを考えて、普段の仕事、生活での細かなことを決定していくと幸福度が上がるといわれています。

PERMAのうち何が足りていないか?振り返ることが大切

何か幸福感を感じられない時期が、長い人生の途中には必ずあるものです。

その時に、上のPERMAの中で何が足りていないか考えてみると心の安定が得られます。

 

私個人の経験ですと、副業で色々と手を出しすぎた時に、精神的に疲れ、「もう何もやりたくない!」というくらい消耗したことがあります。

そこで、一旦全てを辞め、PERMAのうち何が足りていなかったのか振り返ってみると、まず、達成感(achievement)でした。色々やり過ぎて、何もかも中途半端で、達成感を感じることを何一つやっていないことに気付きました。

また、全ての作業がマルチタスク化していたため、何かに熱中(engagement)する時間も取れずにいました。

そこで、本当にやりたいことだけに作業を絞り、自分が必要と感じないことは全てしないようにしました。何かに熱中できるのは、私の場合、多くて2つのプロジェクトまでだ、ということが認識できました。

 

皆さんも、「頑張ってはいるんだけど何かしんどい…」というときは、日々の生活で上述のPERMAの要素が欠けていないか一度振り返ってみると良いと思います。