Ⅰ、セミナー内容を考える

お客さんとの接点を増やすために、「こくちーず」 で発信軸に沿った内容での勉強会(セミナー)を開催します。

  • 告知文
  • 勉強会資料

を作成してください。

▶︎こくちーず

勉強会資料はパワポで作る場合、「CANVA」を使用。

▶︎https://www.canva.com/

マインドマップで作成しても良いです。その場合は、いつも通り、「X mind」でOK。

作成できたら、友達や家族の前で資料を使ってセミナーの練習をして下さい。自信がない場合は、LINEでその旨報告してください。(西野とZOOMでお話ししましょう。)

集客について

普通、掲載したからといってすぐにお客さんは集まりません。参加者0が当たり前と思っていてください。

  • 友人知人にDMしてお誘いする
  • SNSで募集する

などを行って下さい。

それでも参加者が集まらない場合は、告知文を修正し、より魅力的な、参加したくなる内容に改善していきます。

その際は、そのプラットホーム内での「人気講座」などを参照し、参考にします。

参加者0でも全然きにせず、出し続けているとやがて集まってきたりします。継続していきましょう。

セミナー開催について

  • 開催日は2週間以上前に告知します。
  • 開催日は1日だけではなく、複数日にすると理想的。(単純にその日は参加できない!というお客さんを減らすため)
  • セミナー内容に自信がない場合は、LINEで皆さんに意見を求めましょう
  • 始めてセミナーをするので予行練習をしたい&内容についてフィードバックが欲しい方は、西野がZOOMでお受けしますので、ご相談下さい。そうでなくても、家族や友人知人に一度セミナー内容の予行練習をするのがおすすめです。
  • 金額は無料、高くても1000円がおすすめです。(目的は下述の通りなので、儲ける必要は全くありません。)
  • 有料にするとモチベーションが高い人が参加し、ドタキャンが少なくなります。無料の場合は軽いノリで参加する人が結構おり、ドタキャン、予約しているのに参加しない、などがあります笑。
  • ZOOMでのオンライン開催(無料版ZOOMは1対複数になると40分で強制的に終了します。再度繋ぎ直す必要があります。再接続の際は、こくちーずのログイン画面から受講者のメルアドが分かるので、そこにZOOMURLを添付します。)
  • 時間は本業が終わってから21時〜など。休日の17時なども反応良いです。
  • セミナーの最後にLINEに登録を促します。「またなにか質問などあればお気軽にこちらのLINEからお願いします。情報を流していますが、もし、いやであれば即ブロックしてもらえれば大丈夫です」と言って私は促したりしています。

セミナー開催目的

  • 発信内容を人に話すことで自分の中で自分のテーマを整理する(めっちゃ重要です)
  • 人前で話す自信を付ける
  • リスト(LINE)を取る
  • 見込み客との関係性を築く
マルチプラットホーム戦略

今回はこくちーずだけですが、1度開催すれば、そのままの告知文で他のセミナープラットホームに掲載、集客することが可能です。

他のプラットホームは、

などがあります。他にもたくさんあるので、探してみてください。これを”マルチプラットホーム戦略”といいます。

私はいろんなプラットホームに掲載したところ、こくちーずが一番反応がよかったので、こくちーず のみに絞って掲載しています。

サービス開始当初はとにかく「認知」してもらうことが重要です。

ⅱ、セミナー実施後のアンケートについて

セミナーを行ったり、サービスを提供したあとはできるだけアンケートを取って下さい。サービスの質の改善に役立ちます。

使うサービスはGoogleフォームです。

自分のセミナーの改善点を教えてもらうのが理想です。

ⅲ、副業の基本!コンテンツを使い回す

副業でなにかを始める場合、コンテンツを複数活用することが前提です。

※動画の中ではブログ記事の使い回しについて話していますが、もしブログをされるのであれば、noteがオススメです。(ブログは結構時間を使うので、任意で大丈夫です。基本的には、コンテンツを何か作ったら、それを再利用する意識を常に持っておいて欲しいということです。)

ⅳ、お金をいただく際のマインド